決算特別委員会における集中審議の申し出について

決算特別委員会における集中審議の申し出について

エーアイエス破綻の後、オーダーメイド型貸し工場の活用は、サンテックと相和物産の合弁会社設立が前提となって進められ、29億円もの予算が執行されました。

この件に対しての青森県のこれまでの答弁は、合弁会社設立の協議は、順調に進んでおり、単に時期がずれ込んでいるとの説明に終始してきました。

平成23年6月6日に相和物産とサンテックの間で合弁会社設立の覚書が交わされてから、相和物産は、終始、条件変更をサンテックに申し入れ、サンテックは覚書の遵守を主張し続けてまいりました。

そして、平成23年10月17日付けでサンテックから青森県に対して、前提である合弁会社設立の白紙撤回の申し入れがありました。

これでは、議会に対しての県執行部からのこれまでの説明とは全くかけ離れており、これまでの県執行部の説明に疑念を抱かざるを得ません。

決算の認定の採決をするための重要な情報がはっきりしないまま、採決されることは、県民に対しての説明の義務を果たしていないことになり、議会としてはあってはならないことです。

合弁会社設立の白紙撤回に関する報告の真意を確認し、決算委員会に報告の上、新たな事実を踏まえて、審議する必要があります。

よって民主党会派は、今回の特別委員会の明日の予備日を使い、この問題に対しての報告を求め、各会派からの審議を行い、決算認定の採決を行うべきと考えます。

平成23年10月18日

青森県議会議員 渋谷哲一

相和物産―サンテックの合弁会社設立 白紙撤回

相和物産―サンテックの合弁会社設立 白紙撤回

サンテックが合弁会社設立の白紙撤回の報告書を県に平成23年10月17日提出しました。

この事実を受けて、私は、翌18日青森県の決算特別委員会においてオーダーメイド型貸し工場の活用について質問いたしました。

私の質問に対して、当初青森県は、白紙撤回の報告書には一切触れず、これまで通り合弁会社設立に向けて協議中だとの答弁を繰り返し、私が、白紙撤回の報告書の存在を指摘して、初めて17日に受け取ったと答弁しました。

問題は、その答弁の内容です。

合弁会社設立の白紙撤回の報告書は、確かに受け取ったけれども、社長に真意を確認しなければなんともいえない。今でも合弁会社設立に向けた協議は継続中だというのです。

私は、絶句しました。

サンテックの担当者が、わざわざ神戸から持参した、社長名の合弁会社設立の白紙撤回の報告書を、社長に聞かないとなんとも応えられないと終始答弁する青森県。これが世間一般で通用するものなのでしょうか。

結局、県は、真意を社長に確かめていないので何も応えられない、の一点張りでした。

私は、県のこのような隠蔽体質、責任逃れの姿勢が、これまで県が行ってきた数々の商工行政の失敗の原因になっていると思います。

金矢工業団地、桔梗野工業団地、アンデス電気の破綻、エーアイエスの破綻など等、次から次へと血税が50億円、60億円と損失処理のために使われています。

なんとしても、県のこのような姿勢を正していかなくてはなりません。

頑張ります。

応援宜しくお願いいたします。

平成23年10月18日

青森県議会議員 渋谷 哲一

2011年10月20日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin

新城川治水工事完成視察・9月26日(月)

【新城川】

今年度で完成予定の新城川治水工事を地域住民と視察。「川が曲がっている所の外側の護岸だけを整備することで、2倍の距離の工事ができる。」という県土木整備部の知恵で、工事区間の距離を長くできた。

2011年9月27日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin

文教公安委員会県内調査日程(9月6日(火))

【是川縄文館】

URL:http://www.korekawa-jomon.jp/

【八戸警察署水上警備派出所】

1.派出所の概要

平成10年1月26日完成、用地面積500平方m、建物面積307.6平方m、地上2階鉄筋コンクリート

2.警備艇みちのくの概要

平成10年1月30日就航、全長23.98m総トン数41トン

3.勤務形態

所長・船舶職員(3名):計4名

4.警備艇の運用

(1)通常運用

八戸警察署管内の海域(含む河川)で船舶警ら等の水上警察活動

(2)広域運用

警察本部の出動命令、各警察署からの派遣要請に基づき、県内一円での水上警察活動

【三本木農業高等学校】

URL:http://www.kamikita.asn.ed.jp/~ah/

【三本木高等学校付属中学校】

URL:http://www.kamikita.asn.ed.jp/~sanbongi/tyugakou/HTML/index.html

2011年9月10日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin

文教公安委員会県内調査日程(9月5日(月))

【調査場所:青森・八戸・十和田地区および岩手県】

【御所野遺跡】

URL:http://www.town.ichinohe.iwate.jp/goshono/

【高速隊八戸分駐隊】

1.八戸分駐隊の沿革および管轄区域

昭和61年発足

東北縦貫自動車道八戸線 八戸・県境間(14.3km)と八戸JCT・八戸北IC間(13.2km)

百石道路 八戸北IC・下田百石IC間(5.2km)

2.体制、業務等

○分隊長以下13人体制

○勤務体制

・分隊長は通常勤務、警部補以下は3交代勤務

○通常業務

・交通指導取締り

・交通法令違反事件及び交通事故事件の捜査

・交通規制の実施

・故障車両、落下物、人・自転車立ち入り、逆走車両への対処

・遺失物、拾得物の受理

3.平成23年度中の特異事項

(1)震災への対応

○東北自動車道の緊急通行路指定への対応

○被災地への隊員派遣

(2)皇太子殿下行啓に伴う警衛警備実施に参加

4.その他の活動

(1)高速道路安全フェア開催など、関係機関団体と連携した交通安全対策の推進

(2)ネクスコ東日本との合同事故防止訓練の実施

2011年9月10日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin